そうめんは夏限定の食べ物じゃないぞ~!

そうめんは夏限定の食べ物じゃないぞ~!

食のアトラクション「流しそうめん」

「流しそうめん」は食のアトラクションです。竹を使ってそうめんを流すための装置を手製でつくったり、雨樋を使って自宅で流し素麺をしたり、ペットボトルを使って流しそうめん装置をつくったりと、夏場になると「流しそうめん」を楽しもうとばかりに、DIYで流しそうめん装置をつくるのを楽しみにしている人もいます。「流しそうめん」を楽しむために、急勾配にしたり家の中から通して庭へ向かってかなり長い距離の「流しそうめん」をつくったりと、手の込んだ流しそうめんもあります。

バーベキューとは違ったアトラクションのようなレジャーを兼ね備えた「流しそうめん」ですが、そうめんがグルグルと流れる卓上型の「流しそうめん器」も販売されています。ホットプレートやたこやき器と同じように、流しそうめん器も広く家庭に普及しているようです。

やっぱりそうめんが好き

夏の風物詩「流しそうめん」

ちょっとした家での楽しみアトラクションになっている「流しそうめん」ですが、夏のキャンプのときにお約束の「スイカ割り」と同じように「流しそうめん」をするほど、かなり娯楽率が高い食事です。ぐるぐる卓上に乗っている器の中で、そうめんが回転する「流しそうめん」ですが、宮崎県の一部の地域や鹿児島県では「そうめん流し」といいます。テーブルの上にどーんと中華料理を彷彿させるような、円形のそうめんながし器は、かなりのインパクトがある品物です。

素麺のおいしい食べ方

そうめんを流して楽しもう

テーブルの上にどーんと「流しそうめん器」で、そうめんがグルグルと廻るという「流しそうめん器」ですが、流しそうめんの発祥は観光地の宮崎県の高千穂峡そして、鹿児島県の指宿市唐船峡が発祥です。グルグルと水が廻る桶があって、そこにそうめんを流して食べるという食事スタイルは、観光地で観光を愉しむ前や後の食事処としても大変人気が高いものです。

流しそうめんは、南九州ではごくポピュラーなスタイルですが、意外にも歴史が古いようで江戸時代にも流しそうめんが夏の風物詩として楽しまれていたようです。実際に文献『東恩納寛惇全集5』にも残っています。

江戸時代の現在沖縄県で、江戸時代は琉球ですが江戸時代は薩摩藩が琉球を支配していました。薩摩の出先機関の在番奉行所の役人への接待する中で、素麺流しがあったようです。素麺流しの方法は、那覇湾の一角に崖の上から落下する清冽な泉流の上からそうめんを流して、その途中でそうめんをすくって食べるというのが、在番奉行衆の夏の一番のお楽しみだったということが延べられています。

本格的な流しそうめんを自然の中で楽しめる、「流しそうめん」スポットも観光地にあるのでどこか旅行に行く時に事前に調べていくと、流しそうめんを存分に楽しむことができます。流しそうめんをしている場所によって、竹を使って流すところもあればかなり大掛かりな装置を使ってそうめんを流してくるところもあります。なかには旅館でも流しそうめんの装置をつくっている所もあるので、それぞれ趣きが違う流しそうめんを楽しみましょう。

卓上型の流しそうめん器も販売されているので、家で気楽に楽しむ時には流すときは「湯がく時間を短め」にしましょう。流しそうめん器に、そうめんを入れるときには一旦湯がいたものを、流しそうめん器に入れます。また再び水に麺が浸かることになるので、お湯で湯がく時には時間は短時間に湯がきましょう。針金と呼ばれるぐらいの、かなりのカタメンでも水に浸かるので水分を吸収するので、針金ぐらいの茹で具合でちょうどいい堅さかもしれません。