そうめんは夏限定の食べ物じゃないぞ~!

そうめんは夏限定の食べ物じゃないぞ~!

日本最古のそうめんはどこ?!

「日本三大そうめん」をあげるなら、どこだ?!といわれると、日本で流通しているそうめんの産地の源流ともいわれるのが、奈良県の「三輪素麺」です。そしてキャディーズのスーちゃんこと田中好子さんのコマーシャルでお馴染みの「揖保乃糸」。揖保乃糸は兵庫県の中流域で生産されていて兵庫県の名産品です。「小豆島手延べ素麺」も三大そうめんに含まれます。小豆島といえば、オリーブオイルの産地でも有名ですが、実は素麺も小豆島を代表する名産品のひとつなんですね。

奈良県はとってもとっても古い歴史を持つ土地です。そして日本のそうめんの源流とされる「三輪素麺」は、奈良県の中でも特にヤマト王権の中心的な地域だといわれています。宗教的にも歴史のある奈良県の桜井市は、「三輪素麺」のふるさとでもあります。

やっぱりそうめんが好き

初心者向けで評判の良いレンタルサーバーの一覧を公開中!
タオバオ代行.comは、中国からの輸入ビジネスをしている方のための購入代行サービスです。タオバオ代行タオバオ歴5年のプロが出品者との値段交渉を積極的に行い、落札後に商品内容をしっかり確認してから発送致します。

素麺の産地と共通点

「三輪素麺」「揖保乃糸」「小豆島手延べ素麺」と、日本三大そうめんの産地がありますがこの他にも「島原そうめん」「半田そうめん」などのように、ほかにもたくさんそうめんの産地はあります。そうめんの産地には、産地ならではというそうめんの産地になるべくしてなるという共通点があります。

そうめんが作られる産地には、まず雨が少ないということ。清らな川があって豊富な水があること。原料となる良質の小麦がとれること。この3点が必ずそうめんの産地には共通点としてあげられます。

そうめんは日本にある麺類の中でも、歴史がとっても古い麺類になります。鎌倉時代や室町時代には、高級品として「そうめん」は宮中や寺社の中で大変珍重されてもてはやされた食材です。一番歴史が古い「三輪素麺」は日本の素麺のルーツともいえる場所です。

三輪素麺

弥生式土器や縄文時代の土器のカケラが、畑の中からみつかった。ということがあっても、驚く事が少ない奈良県桜井市は、古墳時代の前方後円墳などが今でもあります。ヤマト王権の中心的な場所だったのでは?といわれるだけのことはあって、パワースポットでも有名です。日本で一番古い最古の神社があったり由緒ある社寺が数多くあります。

そうめんが伝来したのは、中国から仏教の伝来と一緒に6世紀から7世紀ごろに小麦栽培そして製粉技術が伝えられたとされています。そして現在、三輪素麺が作られる奈良県桜井市の三輪地方では、蜜柑の生産地としても有名です。そして蜜柑と素麺製造の両立、つまり農業と素麺の兼業農家も多くあります。

三輪素麺の特徴

三輪素麺の原材料に使われているのは、もちろん小麦粉です。そして小麦粉は極寒期に手延べ法で精製されているので、三輪素麺の麺はコシがあってしっかりした麺になっています。コシがしっかりとしているので、煮ても煮くずれしにくくなっていて、三輪素麺ならではの舌ざわりそして独特の歯ごえがあります。

三輪素麺は麺を製造から、1年以上寝かしたものを『古物:ひねもの』と呼びます。そしてさらに2年以上寝かしたものは『大古:おおひね』と呼ばれていて、三輪素麺の中でも珍重されています。かつては、三輪素麺を大きく4つに麺の細さで分類して細さでランクを象徴しています。今で「三輪素麺」を作りメーカーが独自の素麺の方が細くなっているのが、やはり伝来した頃と、技術が進歩したことで麺の細さも変わったんですね。

もともと日本国内で生産されている国産の麦の場合、グルテンの量が少ないという特徴があるので、細く麺を作ることがかならい難しいことでした。グルテンが少ない中だったからこそ、細さでランク別を分けていたのも納得できます。

現代の三輪素麺は、グルテンを多く含む外麦が使われているので今のような細い麺が作れるようになったので外麦を使うようになって、そうめんの細い麺が当たり前になったといえます。

素麺のおいしい食べ方

かつてのランク